仕事・資格

仕事で成功するために会社の先輩から教えてもらったTTPとは?

成功者には必ずなんらかの共通点があります。
成功への近道は「成功者に会いに行く」とよく本などに書いていますよね。

本日は、私が入社して1年目で教えてもらった「TTP」についてご紹介です。
新社会人や仕事が上手いこといってない方に読んでもらいたいです。

TTPとは?

TTPとは「徹底的にパクる(Tettei Tekini Pakuru)」の略です。
成功者がやっていることを「徹底的に真似する」ということですね。
聞いた瞬間「!?」ってなりました。

昔は仕事を丁寧に教える習慣なんてなかったです。
「見て覚えろ!」ってのはTTPのことだったんですよね。

TTPする意味は?

ゼロから何かを成し遂げるには「相当な時間と労力」が必要になります。しかしそのような時間はありません。それをしていると同じレベルの物しかできません。更に良い物を作りたいのであれば、今あるものからスタートするしかありません。

  • 圧倒的に工数を削減することができる
  • 成功していることを真似するため、失敗する可能性が低い
  • ある程度は真似することで時間を短縮できるため、更に良い物を作れる

なんでもかんでも聞いて真似する新入社員は、そうでない新入社員より伸びますよね。全然質問せずに自分の力で解決することもすごく大事ですが、最初は真似からでいいんです。そのあとに、自分の力で切り開いていけばいいんです。

TTPをした後は?

徹底的に真似しただけではコピーにすぎません。
そこからオリジナリティを出すために「自分にしかできない+α」を追加してください。

何をプラスするのか。そこに十分な時間を費やしてください。ここを疎かにしてしまうと、成功への道はグッと遠くなります。

TTPの注意点

当たり前のことですが、以下のことはしないでください。

  • 悪いことは真似しない
  • 著作権の侵害や盗作などの犯罪行為はしない

なかなかTTPができない人へ

「パクる」とか「真似する」ってあまり良いイメージがないですよね。私もなかなか人の真似ができません。こないだ陶芸をしたのですが、最終段階の装飾の際、先生に教えてもらったテクニックがあったのですが、真似してるみたいで使えませんでした(笑)しかし、これからは真似していきます!

  • 小さいプライドなんか必要ないです!
  • 成功するためには、真似が一番の近道です!
  • 周りはどんどん先に進んでいきますよ!

最後に

パクるって良い言葉ではないですよね。でも世の中には同じような商品やサービスなどがたくさんあります。それぞれみんなが一から考えて作ったものではなく「既にあるもの+α」という形で提供していると考えられます。

既に成功しているものをパクったのですから、失敗することは稀だと思います。どれだけ独自のサービスを盛り込んで提供できるか。それが成功の鍵です。

まずはじっくり観察することから始めてみてはどうでしょうか。身の周りに必ずそういう人やサービスなどあると思います。