健康・医療

体に悪影響を及ぼす水道水。水道水は残留塩素や有害物質が含まれいている

皆さん、水道水をそのまま飲んだり、料理に使ったりしてますか。
水道水はそのままでも飲めますが、身体に悪影響を及ぼす残留塩素や有害物質が含まれている可能性があります。

本日は「水道水」に関するご紹介です。身体に取り込まないためには、知って対策することが必要です。少しでも皆さんに知っていただけたらと思います。

水道水とは?

簡単に言うと

蛇口をひねれば出てくる水ですが、元は雨や雪が地下に浸透し、河川や地下水となったものです。これを原水と呼びます。原水を浄水し、世界一と言われている日本の厳しい基準をクリアした水が水道水となって家庭に届けられます。

世界一の厳しい水質基準とは?

厚生労働省が定めている水質基準があります。
その基準項目数は全部で51項目!ミネラルウォーターが18項目なので、相当厳しい基準であることがわかります。どのような基準があるのでしょうか?以下に例を記載します。詳しくは厚生労働省のホームページで確認してください。

項目基準
一般細菌1mlの検水で形成される集落数が100以下
大腸菌検出されないこと
カドミウム及びその化合物カドミウムの量に関して、0.003mg/L以下
水銀及びその化合物水銀の量に関して、0.0005mg/L以下
総トリハロメタン0.1mg/L以下


国が定めた厳しい基準をクリアしていますが、必ず安全かと言われるとそうではありません。不安にさせる色々な問題もあります。

どのような不安がある?

日本の水道水は安全性が高いと言われています。水道水をそのまま飲めるなんて海外では考えられないようですね。しかし、100%安全かと聞かれるとそんなことはないです。どういったことが問題なのでしょうか?

塩素殺菌が行われている

水道水を飲める水として家庭に届けるためには、殺菌が必要です。水道水の殺菌には塩素が使用されています。この塩素、浄水場から近ければ近いほど、塩素濃度が高いんです。浄水場から一番遠いところでも安心して届けるためには仕方ないですよね。

発がん性物質を生成する

塩素で殺菌を行っているため、水道水には「残留塩素」が含まれています。残留塩素はカルキ臭を発する以外に、トリハロメタンという「発がん性物質を生成させる」といわれています。これは非常に危険です。

食材にも影響する

残留塩素は食材に含まれるビタミンCを損なう可能性があります。栄養のある食材を食べていても、食べる前にもう栄養はないということです。調理法などによって栄養が損なわれることはご存知の方多いと思いますが、残留塩素でもこのようなことがおこるのです。

肌や髪の毛にも影響する

アトピー性皮膚炎になる可能性もあります。子供が水泳教室に通いだしてから肌が荒れるといったケースが目立つということです。残留塩素の濃度が高い温水ほど肌の保水力や保湿機能が落ちるということが分かっているようです。

また、タンパク質を酸化させるため、入浴や洗髪の際に水道水をそのまま使用することで髪にもダメージを与える可能性があります。

サビや不純物が含まれている可能性がある

水は常に使えるように溜めておく必要があります。特に集合住宅の貯水槽なんかは衛生管理されているのでしょうか?水筒のように毎日洗えれば問題ないですが、そうもいかないですよね。水道管に汚れやサビ、不純物が付着している可能性もあります。

対策方法は?

浄水器を使用する

浄水された水が家庭に届けられますが、水を使用する前にもう一度、浄水することをオススメします。高性能な浄水器を低価格で利用することも可能です。私が使用しているクリンスイの浄水器は15の物質を除去することが可能です。一度検討してみてはいかがでしょうか。

浄水器ならクリンスイがオススメ!

最後に

水道水は蛇口をひねると出てきます。水がなければ生活できないため、非常に重要です。しかし、水道水には残留塩素や有害物質が含まれてるということは頭に入れておいてください。特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭では対策することをオススメします。