シンプルライフ

不要な人間関係を断捨離!他人に時間を取られている暇はない

皆さん、断捨離してますか?
本日は、人間関係の断捨離についての記事です。どのような人間と関わるかで人生が大きく変わります。これは変えようのない事実です。

一度しかない人生、あなたの時間を他人に使う時間はないでしょう。

多すぎる人間関係

現代は、SNSなどが発達し、誰とでも友達になれる時代です。Facebookの友達が100人を超えることなんて普通ですよね。しかし、その友達はあなたにとって本当に必要な友達でしょうか。以前は必要であった人間関係も、今は必要ないんじゃないでしょうか。関わることで負担になっていないでしょうか。

  • 自分が暇なときや頼み事がある時だけ連絡がある
  • あなたの頼み事はほとんど聞いてくれない
  • 友達の投稿を見るのに時間を取られている

人間は見ず知らずの人と関わるのが苦手

「最高の体調」という本によると、
人間は元々、小さいコミュニティの中だけで生活していました。
そのため、見ず知らずの人とコミュニケーションをとることが苦手でした。現代に生きる我々も同じです。見ず知らずの人と良い人間関係を作ることが苦手です。それがストレスとなっているのです。心理学者アドラーの有名な言葉があります。「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」まさにこれですよね。

ではどうすれば良いのか。答えは簡単です。友達を減らせばいいんです。お互いが本当に必要としている友達とだけ人間関係を築けばいいんです。

親友は5人まで

「最高の体調」で紹介されていました。心理学者のロビン・ダンバーが、人間関係の変化を18ヶ月にわたって追跡した記録があります。

5人の親友がいた学生のAさん。就職してから職場で親友が2人増えました。しかしAさんの親友は7人になったのではなく、5人のまま。どうゆうことなのか、親密なコミュニケーションのサイズは一定だということです。5人のところに2人が加われば、かつての親友から2人が間引かれるということです。

人間関係は多ければ多いほど良いというものではありません。ストレスが溜まり、余計な時間を取られるだけです。自分の時間を増やすことを最優先に考え、やりたいことに時間を使いましょう!

最後に

インターネットが広がり人間関係も複雑化しています。誰とでも繋がれる時代ですが、それだけ余計な人間関係も増えているのではないかと思います。自分にとって本当に大事だと思える人間関係だけ残してみてはどうでしょうか。