お金・節約

コンビニや自販機での水やお茶、ジュースやコーヒーの購入をやめて節約する

皆さん、日々の飲み物はどうされていますか。
コンビニや自販機で購入する方多いんじゃないでしょうか。

本日はそれらをやめて節約する方法ご紹介します。
日々の積み重ねがものすごい節約に繋がります。是非参考にして下さい。

1年間でかかる金額について

コンビニと自販機で年間どれだけかかるのか、調査してみました。
※平均的は金額なので、購入されているものによって異なります

コンビニの場合

種類価格年間(1日1本、365日)
約90円約32,850円
お茶約130円約47,450円
ジュース約120円約42,800円
コーヒー約90円約32,850円

自販機の場合

種類価格年間(1日1本、365日)
約100円約36,500円
お茶約150円約54,750円
ジュース約160円約58,400円
缶コーヒー約100円約36,100円

コンビニと自販機ではあまり変わらないですが、それでもこれだけの差があります。最近はキャッシュレス決済などでポイント還元もありますので、どちらかというとコンビニの方が良いですね。毎日90円~160円と安い金額ですが、年間に換算するとこれだけかかります。それをどうやって節約すればよいのか?次にご紹介します。

節約する方法は?

スーパーやネットでの購入

コンビニや自販機と比べると、数十円から半額ぐらいに抑えることができます。
毎日購入した場合の単純な計算ですが、以下にどれだけ節約できるのか記載しています。

  • 10円節約できれば、年間で3,650円
  • 20円節約できれば、年間で7,300円
  • 30円節約できれば、年間で10,950円
  • 40円節約できれば、年間で14,600円
  • 50円節約できれば、年間で18,250円

意外に節約できひんなーと思われた方もいらっしゃるかと思います。確かにそこまでですよね。でもこれが一生続くと…。更に家族分となると…。バカにならないですよね。

例えば家族が4人いて、みんな50円の節約ができれば、年間で73,000円の節約です。5年、10年、と計算するとすごいことなりますよね。

Amazonブランドなのでお安いです。1本60円未満です。

綾鷹美味しいですよね。1本90円以下で買えます。

自宅で作って水筒で持参

最強の節約は自宅で作って持っていくです。
例えば、家で500mlの水を持って行った場合いくらかかるのでしょうか。住んでる場所によって違いますが、0.1円程です0.1円ですよ。ペットボトル買うのと比較するとビックリしますよね。

しかし注意があります。水道水には残留塩素や有害物質が含まれています。なのでそれを取り除く浄水器が必須となります。浄水器を使用したとしても、かなり節約できます。浄水器によって変動しますが、500mlの場合、約1.7円です。ビックリです。仮に水500mlが2円計算の場合、以下のようになります。明らかな差です。

価格年間(1日1本、365日)
自販機約100円約36,500円
水筒持参約2円約730円

私が使用している浄水器をご紹介します。色々調べて、これが一番いいと思ったものです。数年使ってますが、満足しています。水道水をそのまま飲まれる方は参考にして下さい。

まとめると

断然水筒をオススメします。考えるまでもないですよね。
節約できたお金で旅行に行きたいです。

とはいっても、毎日水筒に入れて持っていくのは大変かもしれません。使った後は洗う必要もあります。私のおすすめは、水筒+ネットショップでお安く購入してストックです。

  • 水筒を購入し、水道水+浄水器にする。時間に余裕があるときや、少しの量で問題ない時は水筒で節約する。基本的にはこちらがメインです。
  • ネットショッピングでお安く購入しストックしておく。時間に余裕がない時はペットボトルを持っていくようにします。ペットボトルだと保存がきくので、災害時にも役に立ちます

最後に

コンビニや自販機で購入しても、毎日の出費は小学生のおやつ代と変わりません。しかし、毎日だとどうでしょうか。一生だとどうでしょうか。家族ができるとどうでしょうか。「ちょっと節約できる」というレベルではないです。どれだけ早くスタートさせるかです。今すぐにでも水筒で節約を初めてみましょう。

※最近では各社プライベートブランドなどで低価格化しています。 この記事の価格ですが、あくまで参考にして下さい。