商品紹介・レビュー

ロッテ「紗々(さしゃ)」のカロリーや添加物、作り方など調べてみた

皆さん、ロッテの紗々(さしゃ)というお菓子をご存じですか。
私は昔によく食べていました。先日スーパーに行った際に久々に見つけて購入しました。実に20年ぶりぐらいです。

本日は「紗々のあれこれ」ということで色々調べてみました。
久しぶりに食べたのですが、パリパリとした食感が嬉しくなります。

紗々(さしゃ)とは?

紗々(さしゃ)とは、ロッテ(LOTTE)から発売されているチョコレート菓子です。
1995年から発売されており、20年以上多くの方に愛されている商品です。現在は、ビターチョコレートとホワイトチョコレートを重ねて作り上げたものと、いちごチョコを使用した2種類が販売されております。



約1.5mmの細い線上のチョコレートを幾重にも重ねて作り上げられています。総数は約1350本!大きな布のようなチョコレートを丁寧に切り分けており、美しい見た目とパリパリとほどける繊細な食感が特徴です。

キャッチフレーズ:「つむぐ、織りなす・・・」

名前の由来は?

紗々(さしゃ)…私は少し言いにくい…。
当初は「メッシュチョコ」としてスタートし、チョコの隙間から向こう側が見えるようになるまで、何度も検討を重ねたそうです。

では現在使用されている「紗々」の由来はなんでしょうか。
それは、”薄く透き通る絹織物”を意味する「紗」と、2種類のチョコレートを使用していることからもう1字重ね「紗々(さしゃ)」となったそうです。

内容量と価格は?

内容量:69g
個別包装されており、16枚入っています


値段:224円(税込)
関西にあるスーパーで購入(2020/03/14時点)

原材料やカロリーは?

原材料は以下になります。
名称が「チョコレート」となっております。「準チョコレート」ではないためカカオ分が多く、カカオの風味を感じられます。

原材料:砂糖、カカオマス、全粉乳、乳糖、ココアバター、植物油脂/乳化剤(大豆由来)、香料

カロリーは、1枚(4.4g)あたり「25kcal」となります。
タンパク質:0.3g、脂質:1.5g、炭水化物:2.5g、食塩相当量:0.006g

賞味期限は?

2020年3月に購入したものですが、2021年1月が賞味期限となっています。
約10か月ということですね。すぐになくなるので賞味期限はあまり気にしなくても問題なさそうですね。

チョコレートは高温になると、表面が少し溶けて脂肪分が白く固まることがあります。これを「ファットブルーム」といいます。品質上は特に問題ありませんので、捨てずに食べて下さい。※若干風味が劣る可能性あり

添加物は?

原材料から分かるように、あまり多くの添加物は使用されていません。
「準チョコレート」の商品と比べると明らかに差があります。準チョコレートは身体にはおすすめできない原料を使って作られているイメージですね。植物油脂が使用されているのは気になりますね。

紗々の作り方は?

昔はどうやって作っているのか気になっていました。
こんな細いチョコレートをどうやってるのかと…。

  1. 2種類のチョコレートをパイプを通して機械に送り、細く絞り出す
  2. 細く絞り出された2種類のチョコをたがいちがいに重ねる
  3. 大きな紗々が出来上がるので裁断する
  4. 冷やして固め、包装し、梱包

最後に

近所のスーパーで買ったのですが、あまり数が置いていませんでした。
最近は色々なチョコレート菓子が発売されてるのも原因かもしれません。なので若い方は食べたことない人も多いのではないでしょうか。美しい見た目とパリパリな食感を是非感じて欲しいと思います。

書き終わったので、紗々を1つ食べました。
美味しい…。あ、今日はホワイトデー。