生き方・考え

ボブ・ムーアヘッド牧師の「現代の矛盾」を引用したジョージ・カーリンの言葉

人生の目的とは一体なんでしょうか?
ボブ・ムーアヘッド牧師の「現代の矛盾」を引用したジョージ・カーリンの言葉が心に突き刺さりました。現代に生きる我々は、この言葉に心動かされるのではないでしょうか。

本日は、その内容についてのご紹介です。
少しでも何かを感じてもらえればいいかなと思います。
※内容に間違いなどある可能性あり、翻訳も若干違う可能性あり

この時代に生きる、我々が抱える矛盾

ビルは空高くなったが、人の気は短くなり
高速道路は広くなったが、視野は狭くなり

お金は使っているが、得る物は少なく
多くの物を買っているが、楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが、家庭は小さくなり
より便利になったが、時間は前よりなくなった

たくさんの学位を取っても、常識はなく
知識は増えたが、決断することは少ない

専門家は増えたが、問題はなくならず
薬は増えたが、健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し、笑うことは少なく
猛スピードで運転し、すぐに怒り
夜更かしをしすぎて、起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で、テレビは長く見るが、祈ることは滅多にない
持ち物は増えているが、自分の価値は下がっている
喋り過ぎるが、愛することは稀であり
それどころか憎むことが多すぎる

生計の立て方は学んだが、人生を学んではいない
長生きするようになったが、今を生きていない

月まで行き来できるのに、新たな隣人との争いは絶えない
世界は支配したが、内世界はどうなのか
大規模なことはやり遂げたが、本当に良いことは成し得ていない

空気は浄化したものの、魂は汚れ
原子核を分裂させられるが、偏見は取り去ることができない

多くを書き残すが、学びはせず
もくろみは多いが、成し遂げられない
急ぐことは学んだが、待つことは覚えず

多くのコンピュータを用意しているのに、
コミュニケーションはどんどん減っている

体は大きいが、人格は小さく
利益に没頭し、人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いはたえず

レジャーは増えても、楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても、栄養は少ない

共働きでも、家は良くなったが、
離婚は増え、家庭は壊れている

忘れないでほしい
愛する人と過ごす時間を
それは永遠には続かないのだから

忘れないでほしい
貴方を敬ってくれる人に優しい言葉を掛けてあげることを
何故なら、彼らはすぐに成長し貴方の元を去っていくのだから

忘れないでほしい
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えられるこの唯一の宝物には1円たりともかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを

愛し、話し
あなたの心の中にあるかけがえのない思いを分かち合おう

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

ジョージ・カーリン

心に響いた言葉

私はこの言葉を聞き、特に心に響いた言葉はこれでした。

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

いつ死ぬか分からぬ人生。
いつ死んでも後悔のない人生。
この言葉を大切に生きようと思いました。

最後に

現代を生きていると、モヤモヤすることたくさんありますよね。
そんな時にこの言葉を読もうと思います。皆さんも、よければたまに読んで、心の片隅に置いててください。本当に素敵な言葉に出会えてよかったです。