仕事・資格

メンタルヘルス・マネジメント検定試験とは?日程や申込方法は?

皆さんストレスを感じることって多いですよね。
小さいストレスも含めると、1日1回は必ず感じてらっしゃるのではないでしょうか。
私はホントに小さいことでも、よくストレスを感じてしまいます。

ストレスは、病気になるリスクが高まったり、パフォーマンスの低下がみられたり、数多くの弊害をもたらします。一時的であればまだよいのですが、最悪の場合「死」にいたることもあります。死んでしまうとどうしようもありません。

本日は、人気急上昇中の資格「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」についてご紹介します。
今一度、ストレスについて考えてみませんか。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験とは?

大阪商工会議所と施行商工会議所が実施している試験です。
ストレス社会と呼ばれている現在、ニーズは急上昇しています。

この試験は「働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくり」を目指して、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得していただくものです。

心の健康管理には、一人ひとりが自らの役割を理解し、ストレスやその原因となる問題に対処していくことが大切です。また、雇用する企業としても、社会的責任の履行、人的資源の活性化、労働生産性の維持・向上を図るうえで、社員のメンタルヘルスケアについて組織的かつ計画的に取り組む必要があります。

職場での役割に応じて3つのコースがあります。
メンタルヘルスに関する正しい知識を持ち、より良い生活を送りましょう。
※一部公式HPより抜粋

取得するメリットは?

自分自身を守ることができる

この試験では「自らのストレスの状況・状態を把握し、早期に不調に気づき、自らケアを行い、必要であれば助けを求めることができる」というところからスタートします。ストレスを軽減する方法ってなかなか見つからないですし、難しいですよね。軽減する方法が必ずあります。ストレスに悩まれている方は、是非オススメします。

大切な人を守ることができる

「働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくり」を目指している試験ですが、職場だけではなく、大切な家族や恋人、友達を守ることもできます。自分自身を守ることは最低限で、それより大切な人を守ることのほうが大事なんじゃないかと、私は思います。

ストレスは誰しもが感じるものです。身近な人がストレスによって病気になることも不思議ではありません。知識を身に付けて、是非、周りの人のお役に立っていただけたらと思います。

就職や転職に有利になる

近年、多くの企業が「メンタルヘルスケアの問題」について、積極的に取り組みを行っております。私の会社でも、管理職は講習や試験を受けております。自ら進んでメンタルヘルスの問題について解決しようとする人材、不要なわけないですよね。必ずプラスになります。
※最低でもⅡ種レベルは必要です

コース内容と受験料は?

メンタルヘルス・マネジメント検定試験には3種類のコースがあります。
まずは、セルフケアコースから受験し、ラインケアコース、マスターコースとステップアップしていきましょう。※更に詳しい情報は公式HPをご確認ください

Ⅰ種(マスターコース)

対象者人事労務管理スタッフ・経営幹部
目的社内のメンタルヘルス対策の推進
到達目標自社の人事戦略・方針を踏まえたうえで、メンタルヘルスケア計画、産業保健スタッフや他の専門機関との連携、従業員への教育・研修等に関する企画・立案・実施ができる。

Ⅱ種(ラインケアコース)

対象者管理監督者(管理職)
目的部門内、上司としての部下のメンタルヘルス対策の推進
到達目標部下が不調に陥らないよう普段から配慮するとともに、部下に不調が見受けられた場合には安全配慮義務に則った対応を行うことができる。

Ⅲ種(セルフケアコース)

対象者一般社員
目的組織における従業員自らのメンタルヘルス対策の推進
到達目標自らのストレスの状況・状態を把握することにより、不調に早期に気づき、自らケアを行い、必要であれば助けを求めることができる。

日程と申込方法は?

試験日程

試験は年に2回、11月と3月に実施されています。
※11月は全てのコースが実施されますが、3月はⅡ種とⅢ種が実施されます。(Ⅰ種は実施されません)

申込方法

申込方法は「インターネット」「コンビニ情報端末」で申し込み可能です。
※支払方法は、インターネットの場合はクレジットカード、コンビニ情報端末の場合はレジにて支払いとなります。

勉強法は?

独学

私はⅢ種(セルフケアコース)を受験したのですが、独学でした。
理由は「安い」「時間があった」からです。安月給サラリーマンは「できるだけ安く」を心掛けております。また、ミニマリストを目指してから、以前より自由に使える時間ができました。時間があるなら独学で行きましょう!私が行った勉強方法です。

  1. 公式の参考書を読む
  2. 公式の問題集を解く
  3. ①と②の繰り返し

セルフケアコースであればこれで十分です。
時間があれば、2週間ぐらいでも合格できるかと思います。

通信講座

私もそうなのですが、独学って難しいですよね。
でも学校に行くほどでもない…。そんな時に是非オススメしたいのが通信講座です。
自宅で簡単にできるのがいいですよね。安くはないですが、合格するために一番効率よく学習ができるようになっています。真面目にコツコツ頑張れば必ず合格力が身に付きます。

通信講座は生涯学習の「ユーキャン」をオススメします。
ホントにたくさんの講座があり、ビックリします。ホームページを見ていると、楽しそうなものがたくさんあります。人気の通信講座なんで間違いないです。是非一度ホームページ覗いてみてください。

合格率は?

最新の試験の合格率です。※2019/10/23時点
Ⅰ種に関しては、難易度が高いです。少し勉強したぐらいでは合格できません。
計画を立てて、試験勉強を行って下さい。

受験者(人)実受験者(人)合格者数(人)合格率(%)
Ⅰ種(マスターコース)2,0771,64233220.2
Ⅱ種(ラインケアコース)11,66310,2274,98048.7
Ⅲ種(セルフケアコース)5,1734,5953,66379.7

最後に

ストレスが多い現代、場合によってストレスは「死」を招きます。
自分の身は自分で守らなければなりません。ストレスとどのように付き合っていくのかは自分で決めるしかありません。

もし少しでも気になった方がいれば、受験してみてはいかがでしょうか。
自分のためにもなりますし、I種やII種であれば、自分の周りの大切な人をストレスから守ることができるかもしれません。管理職を目指す方も是非!会社や部下を守りましょう。