暮らし・日常

マスクの再利用は可能なのか?花粉やウイルス対策の効果は?

皆さん、この時期は花粉でマスクが必需品の方も多いのではないでしょうか。
しかし、2020年はコロナウイルスの影響でマスクの在庫が切れ、探すのに苦労している方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。私もマスクがそろそろ切れるので探さないといけないです…。

本日は「マスクは再利用できるのか?」というお話しです。
今後、さまざまな災害が起こることが考えられます。その際、マスクは必需品の一つになると思います。。これからのためにも是非読んで、頭の片隅に入れておいて下さい。

マスクは再利用できるのか?

結論から申し上げると、マスクの再利用は推奨されていません。

すごく残念ですが、皆さまがよく使用されている「不織布(ふしょくふ)マスク」は使い捨てを想定して製造・販売されています。なので、再利用した際の検証(効果など)はメーカーでは行っていないということです。

マスクを洗うと効果が薄れるものも

マスクを洗ったり消毒すると、効果が薄れる可能性があります。
例えば、フィルターに帯電処理をほどこしてウイルスの粒子を付着させるタイプのマスクがあります。その場合、濡らすことでウイルスの捕集効果が減るということが想定されます。

完全に効果がなくなる訳ではないでしょうが、少なからず洗ったり消毒することで、マスク本来の機能は薄れると考えておくほうが良いでしょう。

再利用する?しない?

私の場合ですが、3日ぐらいであれば再利用しようかと思います。
理由は、安心感が全然違います。またマスクをしないで咳払いしただけで周りから変な目で見られるという話も聞きます。

あとは多少薄れるかもしれないが、そんなに効果が激減する訳ではないと考えるからです。メーカーは売上もありますし毎日交換してくれと言うでしょうが、あまり信じていません。何時間使用すれば1日分なのか?仕事中8時間つけている人と通勤だけで使用している人とを比べると全然違いますよね。

しかし、以下のことは意識しようと思います。

  • 大勢がいる場所のみで使用し、できるだけ使用しない
  • 使い終わった後は、換気されている清潔な場所で保管する
  • あまりに汚れたり、1日中使用していた場合などは捨てる

皆さまにお願いしたいこと

最近、マスクの転売が多く問題になっていますよね。
1人で買い占めると他の方が使用できません。本当に必要が方の手元に届かず、結果的にウイルスなどを撒き散らす可能性があります。

これからマスクの製造が増える為、徐々にではありますが在庫が戻ってくると思います。マスクを大量に持っていても余るだけです!必要な方に譲っていただけたらと思います。

持病などでマスクが必需品の方へ

近い将来、新たなウイルスや震災などでマスクが品切れになることが考えられます。ホントに必要としている方は、在庫に余裕がある時に多少ストックを持っておいてください。自分の身は自分で守るしかありません。

以前に、シンプルな生活を送るためにストックをあまり持たないようにしましょう。という話をしましたが、震災などが発生した場合に必要なものはストックするべきだと改めて思いました。

最後に

コロナウイルスの影響でここまでマスクの在庫が減るとは思っていませんでした。トイレットペーパーまでなくなってるんですよね。ビックリです。

冒頭にも書きましたが、今後さまざまな災害が発生したり、別のまた新しいウイルスが出たりと、色々なことが考えられます。ネットには数多くのデマも発生するでしょう。嘘の情報に騙されず、きちんと考えて行動することが何より大切だと思います。