生き方・考え

あなたの人生を1日の時間に変換すると「今」何時何分でしょうか

本日は私の好きな「人生時間」についてお話しさせていただきます。
人生に迷われている方は多いと思います。私もその1人ですが、人生時間を知ることで少し楽になりました。よければご覧ください。

人生時間とは?

人生を1日にすると何時何分なのか。長い人生を1日の短い時間に置き換えることで、「今現在、人生のどこにいるか」を知ることができます。原田宗典のエッセイ「東京トホホ本舗」に書かれているということですが、最初の提唱者は不明です。私は「俺はまだ本気出してないだけ」という漫画で知りました。すごくオススメの漫画です。

今何時ですか?

年齢30歳で計算してみます。置き換えるのは簡単で「年齢÷3」で求めることができます。(1日24時間、人生72歳で考えた場合)
30歳÷3=10時

迷える皆さまへ

30代、「人生に迷っている人」すごく多いんじゃないでしょうか。何か変えるんだったら「」しかない。私がすごくそう感じていました。

人生時間を知ると「今しかないということはない」と思います。
しかし「10時」です。ダラダラとしているとあっという間にお昼休みに突入します。
確実に人生時間は進んでいる」ということは忘れないで下さい。

参考

21歳 07:00
やっと起きたところ。まだ急ぐ時間ではありません。2度寝しても大丈夫かな?
27歳 09:00
会社や学校が始まるところ。やっと1日の始まりです。1回気合入れましょう!
36歳 12:00
待ちに待ったお昼ごはん。午前中にある程度準備完了。後半に向けて栄養補給ですね。
45歳 15:00
3時のおやつです。走り出した後のちょっとした休憩です。たまには休憩も必要です。
54歳 18:00
そろそろ家に帰る時間。ある程度やりきりました。もうちょっと頑張るか、ゆっくりするか。
63歳 21:00
ご飯も食べてゆっくり。これからは好きなことができます。のんびりいきましょう。
72歳 24:00
おやすみの時間です。長い間お疲れ様でした。ゆっくり休んで下さい。

最後に

人生は「短いようで長い」です。私は人生時間を知ることでそう感じました。
30歳でまだ朝の10時です。やりたい事をスタートするには十分に時間があります。

最近就職が決まらずに悩んでいる学生さんがいました。22歳。人生時間で計算すると朝の7時20分。まだ起きたばかりです。寝てる人もいてるかもしれません。まだまだこれからです。あまり考えないようにして欲しいです。

すべての方当てはまるかどうかわからないですが、1人でも多くの方に響けば嬉しいです。また、あなたの周りに「人生迷っている人」がいてたらこの話をして欲しいと思っています。