ミニマリスト

近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」を読んでミニマリストに近づけた話

本日は、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」の記事です。
一度片づけると元には戻らないという片づけの方法が紹介されています。
どんな魔法をかけたらそうなんねん!と思ったのですが、私は魔法にかけられました…笑
片づけが苦手な方、ミニマリストになりたい方、是非読んでいただけたらと思います。

片付けが苦手だった

私は相当片付けが苦手でした。片づけても片づけても、定期的に「片付けせなー」って感じで一向に片付けが終わらない感じ。皆さんもこのようなことあるのではないでしょうか。

こうなっている人にはかなりオススメの書籍になります。そろそろ片付けを終わらせませんか?

片付けの順番は?

こんまり流の片付けの順番は決まっています。
「衣類→本→書類→小物類→思い出の品」の順番です。これを間違えてはいけません。一番最初に思い出の品を片付けるとほぼ100%思い出に浸ってしまい進みませんのでご注意を。

私は何度も思い出の品から手を付けてしまっており、作業が進みませんでした。思い出の品を出して、懐かしいなぁと思い、元の場所に戻す…そんな片付けが何回あったことか。順番だけは必ず守るようにして下さい。

まず何からすればよいのか?

こんまり流では「カテゴリーごとに一気に片づける」ことが重要です。
例えば服であれば、家中の服を一か所に集めて、その中で自分にとって必要でないものを捨てていきます。
注意点ですが、一か所に集め終わった後に、別の場所で服が見つかった場合、その服は問答無用で捨てるということです。自分か管理できていなかった服です。忘れていた服です。残す必要はないでしょう。大事な服であれば忘れることはありません。

今日はリビング、今日は寝室、今日…のように場所別で片づけることはダメです。あくまで、衣類や本、思い出の品などのカテゴリ別で片づけるように注意して下さい。カテゴリ別で片づけることで、自分の持ち物が把握できるので、気持ちもスッキリします。

どうやって捨てていくのか?

こんまり流では「ときめくモノだけを残す」という方法で、それ以外の物は基本的に捨てていきます。最初は難しかったです。まず「ときめく」という感覚が私にはよくわかっていませんでした。なぜか理由を考えたのですが、恐らく「ときめくモノ」を持っておらず、捨ててもいいモノばかりを持っていたのではないかと思いました。

捨て始めるとなんとなくですが、自分の中で基準ができてきました。ときめく基準は人それぞれです。まずはその基準がわかるようになることが重要です。

ときめくモノだけを残した後は?

目の前には「ときめくモノ」しか残っていません。さぁ次は何をしましょう。「モノの定位置」を決めましょう。今までバラバラに保管していたものをカテゴリ別でまとめ、定位置を決めて下さい。そうすることで、少し散らかった場合でもすぐに片付けが終了します。片づけられない1つの原因として、モノの定位置が決まっていないということがよくあります。決まってれば戻すだけです。

本を読んで実践した効果について

本を読んでから2年が経ちました。まだまだときめくモノだけで暮らせてないですが、実践して片付けをすることが少なくなりました。現在はほとんどの物をカテゴリ別で管理し、場所を決めています。ミニマリストになるにはまだまだ不要なものがありますが、ミニマリストを目指すきっかけとなった本でした。

最後に

冒頭でも述べましたが、私は片付けが本当に苦手でした。
しかし、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」を読むことで「片付けについて何も知らなかったんだな」と思いました。 本当に読んで良かったと思えた本です。ブログでは紹介していない、収納法や考え方などもすごく参考になりました。少しでも気になられた方は読んでみることをオススメします。