商品紹介・レビュー

「Kindle Paperwhite マンガモデル 32GB」購入レビュー

先日「ミニマリスト、なぜkindleなのか。なぜ電子書籍なのか。」をテーマに記事を書きました。

本日は、実際に私が購入した「Kindle Paperwhite マンガモデル 32GB」のレビューをさせて頂きます。少しでも参考になれば嬉しいです。※漫画モデルは廃止になりました

購入したkindleについて

「Kindle Paperwhite マンガモデル 32GB」

価格:18,280円
カラー:ホワイト
モデル:キャンペーン情報なし

なぜこのモデルにしたのか

お手軽kindle端末

Kindle Paperwhiteは価格と性能のバランスが良く、1番人気のモデルです。
電源ボタン一つだけ、シンプルでスッキリしています。

背景もシンプルです。

マンガモデルは容量が8倍(現在、漫画モデルは廃止)

Kindle Paperwhiteにプラス2000円追加することで容量が8倍(4GB→32GB)
容量が増えたことにより、約700冊のマンガを保存することが可能です。最近は人気書籍が漫画になっている「まんがでわかる〇〇」がすごく多いです。また、参考書なども画像が含まれているため容量が大きいことがあります。

ディスプレイサイズが小さいというレビューもありますが、個人的には十分読めるサイズです。スマートフォンで漫画を読まれている方には大きく感じることができます。

ipad miniとの比較です。
漫画は「宇宙兄弟」です。オススメ漫画の一つです。

その他(参考画像)

辞書機能使用例です。英語も調べることが可能です。

ハイライト機能です。読者の方が気になっている箇所がわかります。
参考画像の書籍は、池上彰さんの「おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?」です。大変参考になる書籍でした。

感想まとめ

半信半疑だった目に優しい「einkペーパー」でしたが、本当に目が疲れませんでした。
また、バッテリーの持ちが良くビックリするぐらい充電していないです。見た目もシンプルでとても軽く気に入っています。

わからない漢字や意味を調べることもできますし、ハイライト機能で他の読者が気になる箇所がわかったりと、紙の本ではできない素晴らしいメリットもありました。買うまでに時間はかかったのですが、購入してよかったです。

最後に

読書によって人生が変わるといっても過言ではありません。

kindleを購入するメリットはたくさんあります。参考になれば幸いです。