ミニマリスト

ミニマリスト、なぜkindle(キンドル)なのか。なぜ電子書籍なのか。

皆さん、本は読まれますか?
以前、本を読む効果についてご紹介しました。

しかし、なかなか続かない人が多いと思います。
以前の私もそうだったんですが、ミニマリストを目指したことで「kindle」を購入しました。するとあら不思議…。紙の書籍より数倍本を読むようになりました。

ミニマリストは紙の本をあまり持ちません。理由は…皆さんご存知ですよね(笑)
本日は電子書籍の魅力やkindleの選び方についてご紹介します。
※商品の仕様や価格は変更される可能性があるため、最新の情報はAmazonのホームページをご確認下さい

Kindleとは

Amazonが開発・販売をしている電子書籍リーダーです。
kindleは現在数種類が用意されています。簡単にご紹介します。
私の1番のオススメは「Kindle Paperwhite」です。

kindle

メリットは安さにあります。とにかく安く購入したい方にオススメのモデルです。
デメリットは、解像度が167ppiと低い(その他のモデルは300ppi)、内蔵ライトなし。
安さを求めてる方以外はオススメできません。

Kindle Paperwhite

「Kindle」との違いは、デメリットである解像度アップ(300ppi)と内蔵ライト(LED4個)が追加になります。5000円ほどアップしますが、十分出す価値のあるモデルだと思います。お手軽価格でかつ、快適に読書をしたい方にオススメです。

Kindle Oasis

kindleの最上位モデルになります。他のモデルと比べると価格が高いのがデメリットです。
ボタンのひとつにいたるまで人間工学に基づいて刷新されたデザイン、付属のバッテリー内蔵レザーカバーで数か月充電不要。Kindle史上、最も薄く、最も軽いため、最高の読書をしたい方にオススメです。

電子書籍(kindle)のメリット

ブルーライトを気にしなくて良い

kindleはブルーライトゼロで目にすごく優しいです。
毎日仕事でパソコンを使用する人にとってはすごくありがたいです。紙の本のように読むことができ、長時間の読書も苦になりません。

かさばらない

読書が好きな方は毎日のように本を読むため、置き場所に困ることが多いと思います。
私も1人暮らしのためにたくさんの本を買うことができません。しかし電子書籍であれば1台の端末に数千冊を保存し持ち歩くことができます。

紙の本より安い

たいていの本は電子書籍の方が安く購入することができます。
またkindleでは日替わりセールや月替わりセール、期間限定無料本などがあります。

いつでも購入できる

24時間365日購入することが可能です。
読みたい本を後回しにすると読まなくなります。読みたい時にすぐ購入できるメリットは読書を続ける上で重要です。

電池がなかなか減らない

ビックリするほど電池が減りません。
旅行に行くぐらいなら満タン充電で十分です。全然充電しなくて良いので、コードがどこにあるのか、どのコードだったか迷うことが良くあります…笑

劣化しない

紙の本は綺麗に保管しても必ず劣化してしまいます。
電子書籍はその心配がないので一生ものです。

便利な機能がある

電子書籍には紙の本ではできない機能があります。
kindleの場合は、辞書機能やハイライト機能、文字サイズの調整などがあります。

電子書籍 (kindle) のデメリット

動作が遅い時がある

ストレスが溜まるほどではないですが、動作が少し遅いです。
ずっと使用しているとどんどん重くなるイメージ。再起動すると元に戻ります。
一瞬で動いて欲しい!というような時間に余裕のない人はストレスになるかもしれません。

紙の本より発売日が遅い

発売日に購入できないことがあります。
また、電子書籍になっていない本もあるのが寂しいです。kindleストアでは電子書籍化のリクエストを送ることが可能です。

人に貸すことができない

素敵な本は人に貸したくなります。しかし貸すことができません。
kindleは同一アカウントを使用することで端末6台までダウンロードすることが可能です。購入したすべての本が誰でも見ることが可能です。

本屋で奇跡の出会いがない

本屋に足を運ぶことで出会える本があります。
自宅で購入することが可能なので、そのような出会いがありません。

なぜKindleなのか

私はスマートフォンやタブレット、パソコンを使用しているためにkindleなしでも電子書籍を楽しむことができました。しかし、kindleにはそれらで読書をするより遥かに優れている点がありました。

なぜ電子書籍リーダー「kindle」を選んだのか。
数ある中からkindleを選んだ3つ理由です。
・目に優しく疲れにくい(ipad miniはマンガでも疲れる)
・数週間充電不要な長時間バッテリー(たまにしか充電しないので旅行などに便利)
・薄くて軽くシンプル(鞄に入れても全く邪魔にならない)

注意点

キャンペーン情報(広告)表示について

すべてのkindleには「キャンペーン情報つき」「キャンペーン情報なし」の2モデルがあります。キャンペーン情報つきは、ホーム画面下部に広告が表示されます。また、スリープを解除する際、スワイプ(ワンアクション)が必要になります。読書中の広告はなし。価格差は2,000円。

広告はkindleのカバーやセール本、事故補償プランなどが表示されます。
個人的な意見としては、少しでも快適に読書を行うため「キャンペーン情報なし」をオススメします。

接続方法について

下記のkindleでは、「Wi-Fi」「Wi-Fi + 無料4G」の2モデルがあります。
(価格差は約5,000円と大きいため、慎重に選ぶ必要あり)
・Kindle Paperwhite
・Kindle Oasis

電子書籍のダウンロードを行う場合、kindleがインターネットに接続されている必要があります。
Wi-Fiの環境が自宅にあり、外出先で電子書籍のダウンロードが不要な場合は「Wi-Fiモデル」をオススメします。インターネットへの接続環境がない場合は、いつでもどこでもインターネットに接続できる「Wi-Fi + 無料4Gモデル」がオススメです。(Amazonが4G回線料金を負担、契約や月額料金は不要です)

4G回線が使用できる場面は限られています(好きなWEBページを見ることはできません。)
・kindleストアへのアクセス
・電子書籍のダウンロード
・Wikipediaへのアクセス

kindleは必ずしも必要ではない

kindleストアで購入した電子書籍ですが、kindle本体が必ずしも必要ではありません。
皆さまがお持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンで読むことも可能です。

最後に

紙の本の魅力はたくさんあります。
しかし、シンプルに暮らしたいを思うようになり、紙の本を処分することを決めました。そんな時に電子書籍があって良かったと心から思えました。本当に良い買い物ができたと思っています。

紙の本か電子書籍か。意見が分かれるところですが、どちらもメリットやデメリットがあります。迷われている方は是非参考にして下さい。私はミニマリストになりたいために、紙の本は全て処分し、本棚を捨てることが目標です!