健康・医療

それアイスクリームですか?美容や健康に悪いアイスクリーム

皆さんアイスクリームはお好きですか?
私はすごく好きです。コンビニやスーパーには美味しそうなアイスがたくさん売ってあり、ついつい買ってしまいますよね。新商品が出たら必ず食べている方も多いのではないでしょうか。

本日はアイスクリームに関する記事です。
アイスクリームを食べる方には「絶対に知っておいて欲しい情報」です。
アイスクリームを買う前に是非読んで下さい。

アイスクリームの種類

「アイスクリームはアイスクリームやろ」という声が聞こえてきそうですが、「アイスクリーム類」「氷菓」に分けられます。さらに、アイスクリーム類は「乳固形分」「乳脂肪分」の含有率により、以下の3種類に分けることができます。

アイスクリーム

乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上
ハーゲンダッツなどの「高級なアイス」に多いです。
乳成分が多く、ミルクの風味が強いのが特徴です。
栄養的にも優れている。

アイスミルク

乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上
アイスクリームに比べると、乳固形分と乳脂肪分が少ない。
しかし「牛乳と同じぐらいの乳成分」が含まれています。
植物性油脂が配合されていることもある。

ラクトアイス

乳固形分3.0%以上
乳成分がほとんど入っていない。
その代わりに「植物性油脂と添加物」が多く含まれる
安いのが特徴で、市販されている多くがラクトアイス。

氷菓

乳固形分ほとんどなし
かき氷やガリガリ君など

原料サンプル

買う商品により異なりますが、それぞれのサンプルです。
比較すると添加物の量が明らかに違います。どうゆうことか分かりますか?安いアイスクリームは、身体に悪い添加物なんかを大量に使用して、アイスクリームの味を出しているだけなんです。

アイスクリーム

アイスミルク

ラクトアイス

アイスクリームの選び方

種類別が「アイスクリーム」を選ぶ

お値段は少し上がりますが、アイスクリームを選びましょう!
特にオススメは、やはり「ハーゲンダッツ」です。不要なものが最小限に抑えられています。
個人的には「ピノ」も好きです。

種類別が「ラクトアイス」は選ばない

植物性油脂や添加物が大量に含まれているために食べない!
植物性油脂を加工する過程で発生する「トランス脂肪酸」が特に危険で、「あらゆる病気の原因」になっていると言われています。世界的にみると、トランス脂肪酸を含む食品は何らかの規制や使用が禁止されているのですが、日本では規制の対象になっていません。さらに「表示義務さえない」ということです。

最後に

私たちはどうしても安いアイスクリームを選んでしまいがちです。真っ先に見るのは「なんぼするんか」です。あまりに高いようなら却下。ハーゲンダッツなんか見ることすらしていなかったです。

しかし「高いにはそれなりの理由」があります。また「安いということもそれなりの理由」があります。皆さんがこのような情報を知り「買わないことで世の中が変わってくる」と思います。

身体に悪いものばかり食べて病気になり病院に行く方がお金かかります。どうせ食べるのであれば体に良いものを食べましょう!私からのお願いです。