暮らし・日常

今すぐ捨てるべき!家にある段ボールを捨てることのメリットは?

皆さま、家の中に段ボール眠っていませんか。
私は小さい時から段ボールが好きでした。段ボールで何かを作ったり、大きい段ボールがあれば中に隠れてみたり、ストレス発散で潰してみたり、メルカリで送付する箱にしたり…他にも色々なことに使えますよね。

しかし、段ボールって邪魔ですよね。
本日は、段ボールを捨てることのメリットをご紹介します。

段ボールを捨てるメリットは?

色々な事に役立つ段ボールですが、捨てることのメリットの方が多いと感じています。私が段ボールを捨てて感じたメリットごご紹介します。

断捨離がはかどる

段ボールを捨て感じたことは「断捨離をするなら段ボールをまず捨てるべき」ということです。中に何が入っているか分からないですし、放置してしまうんですよね。使わないものは引っ越しする時に段ボールに入ってれば楽ですが、それは不要なものですよね。とりあえず中身を見て、不要なものは捨てるべきです。

家の中がスッキリする

段ボールは邪魔ですよね。オシャレでもなければ、インテリアにもなりません。いろんな大きさの段ボールがあり、見た目最悪です。捨ててみて始めてスッキリしました。当たり前にあるものだと思っていたので気にならなかったのですが、捨てるべきです。スッキリします。

ホコリが溜まらない

段ボールを置いてるところ、絶対ホコリ溜まってますよね。
段ボールを取り出そうとすると、絶対に下の方にホコリが付きます。段ボールがなければ掃除も楽です。ホコリの多い家でゆっくりできないですよね。

ゴキブリの心配が減る

ゴキブリは段ボールが大好きです。段ボールに卵を産むこともあるらしいです。これを聞いて「ゾッ」としました。段ボールって見えないところに置いてること多いですよね。ゴキブリにとって絶好の場所です。また、ゴキブリはホコリも食べるので、エサにも困らないんですよ。

段ボールはいろんな使い方がある

捨てるメリットを書きましたが、段ボールは素晴らしいものです。この世に段ボールがなかったらと考えると…大変ですね。少しだけストックする分には大賛成です。段ボールを使用する頻度などを考えてみてください。

ちなみに私は、メルカリで商品を発送することが多いので、大中小の段ボールを2つずつ残しておきました。ネット通販もたまに利用するので、段ボールは勝手に増えていきます。

ストックしておく段ボールの注意点

段ボールであればなんでもよいかというとそうではありません。
できれば「新しい段ボール」をストックしておきましょう!インターネットで商品を購入すれば段ボールで届くのでお金をかけるのは…と思いますが、「届いた時点で段ボールにゴキブリの卵が付着している可能性がある」というから怖いですよね。

最後に

段ボールをストックし過ぎている家庭は多いのではないでしょうか。
少しのストックであれば、いざという時に役に立つので置いておくべきだと思います。家にある段ボールをチェックしてみてはどうでしょうか。

一番実践して欲しいこと、それは「段ボールに入っているものを段ボールから出す」です。最低これだけやって欲しいと思います。ホントにスッキリしました!