商品紹介・レビュー

バイク用おすすめインカムのご紹介!これからのツーリングに是非

皆さん、バイクはお好きですか。
私は春にバイクに乗ってツーリングに行くのが好きです。
天気の良い日にバイクに乗るのホントに気持ちいいです。

本日は、バイクがより楽しくなる「バイク用のインカム」をご紹介します。
皆さまのバイクライフがより良くなれば嬉しいです。

インカムとは?

インカムとは簡単にいうと、マイクとヘッドフォンが一体になっている機器のことです。片手で受話器を持つ必要はありません。ハンズフリーで会話が楽しめます。ちなみに「インターコミュニケーション・システム 」の略語です。

バイクライフが充実する理由

バイクは1人のイメージが強いのではないでしょうか。ツーリングに行っても移動中は1人で黙々と走っている…それだとツーリングの楽しみが半減していまいます。そんなことはありません。車でドライブに行くのと同じです!みんなで楽しくワイワイ走るのがツーリングです!

インカムがあるとそれが可能です。インカムがあれば、以下のようなことが可能です。ツーリング仲間、家族、恋人、誰とでも使えるのでオススメです。

  • おしゃべりしながら目的地までワイワイ走れる
  • 1人でもラジオや音楽を聴きながら走れる
  • ナビの音声案内を聞きながら走れる
  • 電話をすることも可能

これだけでも楽しくなってこないでしょうか。どんなインカムが良いの?って方におすすめのインカムをご紹介します。

おすすめインカムメーカーは?

おすすめは「B+COM(ビーコム)」です。
なんといっても、バイク用インカムシェアNo1のインカム!いい音、カンタン、高品質!日本人が、日本人のバイク乗りのリアルなニーズに応えるためにつくりあげた、究極のバイク用Bluetoothインカムです。

ビーコムの中でもB+COM SB6Xがオススメです。

B+COM SB6Xの特徴は?

オシャレな見た目

インカムはたくさんのメーカーから販売されていますが、なっといってもB+COMはオシャレです!スタイリッシュな感じで洗練されています。
機能も大事ですが、私は見た目が好きでないと愛着が湧かないと思っています。見た目から入るのは大事です!

シェアNo1の使いやすさ

シェアNo1だけあり、使いやすいです。また、使用されている方が多いため、接続も簡単ですし、使用方法が不明な場合でも聞きやすいです。

余談ですが、機械に弱い方はシェアを重視するのも大事だと思います!使用されている方が多ければ、それだけネットに情報が転がっています。エラーが出たり、上手く起動しなかたったり、インターネットで検索すればすぐに回答が見つかります。

プレミアムサウンド

ビーコムの最大の特徴、それは「音質」だと思います。
オーディオクオリティ「B+COM SOUND SYSTEM」を搭載しています。大出力D級デジタルアンプと高磁力ネオジムマグネットを採用した高音質スピーカーにより、最高の音質とパワフルな音圧を実現しています。

接続が切れても自動で復活

最大4人で直感的に会話が始まり切れても自動で繋がる「B+LINK」通話機能を搭載!インカムは接続できる距離が決まっています。その距離を超えてしまうと、当然ですが切れてしまいます。しかし、ビーコムは切れても大丈夫、通信可能範囲に戻ると自動的に再度接続されます。これは非常に便利です。

パワフルなアンテナを使用しており、最大1.4km通信可能です。

バッテリーの心配なし

大容量800mAリチウムポリマーバッテリーを搭載しています!B+COM独自のパワーマネジメント技術により、最大約16時間使用可能!1日中のツーリングでも電池切れのストレスがありません。十分使用することができます。※疲労は事故の元です。適度に休憩しながらツーリングを楽しんで下さい。

聴きトーク機能で会話ができる

好きな音楽やナビ音声を聴きながらライダー同士で会話ができる「聴きトーク」という機能を搭載しています。しかも、個別で音量を調整できるので、音楽の音量が大きい、声が聞き取りにくい、そんな問題もありません。

急な雨でも心配不要

IP67レベルの高い防水性により、突然の雨でも心配ありません。
IP67とは、粉塵が内部に侵入しない、常温の水で水深1mに30分間浸しても有害な影響を受けない。参考までに。

日本語の音声案内に対応

一昔前のインカムは英語が多かったらしいです。どれだけグローバル化が進んでもなかなか英語って聞き取れないですよね。安心してくだだい。日本語の音声案内に対応しています。

最後に

バイク人口はどんどん減っています。
事故を起こすと危険ですし、雨の日は乗るのに一苦労、冬は寒いし、夏は暑いし…あまり良いイメージを持っている方少ないんじゃないでしょうか。しかし、バイクは楽しいです。レンタルからバイク始めてみませんか。事故だけは気を付けて下さい。