お金・節約

シンプルライフに憧れ弁当男子になったのであれやこれやと書いてみます

生活が徐々にシンプルになり、朝の時間が増えました。
健康や節約のことも考え「お弁当」を作っています。コンビニ弁当やパンを食べていたのですが、お弁当作りを始めたきっかけや作って良かったことなどをご紹介します。

なぜお弁当作りを始めたのかTOP3

1番の理由は「健康」

私は健康にうるさい人間で、特に「口に入れるもの」にうるさいです。
徹底していないですが、極力「添加物の少ないもの」を選び購入しています。コンビニで売られているお弁当やパンにはたくさんの添加物が含まれています。自分でお弁当を作ると添加物の少ない昼食を取ることが可能です。

2番の理由は「節約」

お弁当は意外と安く作ることができます。私の場合は約250円です。
コンビニでお弁当を購入した場合、外食した場合、お弁当を作った場合の例をまとめてみました。(※個人的に使用する金額で計算を行っています)
・コンビニ弁当の場合
  500円のお弁当を1か月(20日)購入した場合
   500円×20日=10000円(年間120000円)
・外食した場合
  700円のランチを1か月(20日)食べた場合
   700円×20日=14000円(年間168000円)
・お弁当を1か月(20日)作った場合
  250円で作った場合
   250円×20日=5000円(年間60000円)

コンビニ弁当と比べると約半分で済みます。
年間で計算すると、外食と比べる場合「100000円以上」の差になります。

3番の理由は「変化」

毎日同じ時間に起床し、同じテレビ番組を見る。同じ時間に家を出て、同じ時間の電車に乗る。同じ人と仕事をし、同じような昼食を取る。同じような時間に帰り、やっと至福の時間に突入。
同じような日々の繰り返しの中に、何か「変化が欲しい」と思いました。何か変えれることはないかと思ったのが、唯一の楽しみである食べること「昼食」です。好きなものをお昼に食べれるということで、仕事も捗っていると思います。

お弁当作りを始めてわかったこと

意外に簡単に作れる

私は料理が得意ではありません。とりあえず食べれたらそれでokという考えだからです。
なのでお弁当を自分で作るというのはハードルが少し高かったです。しかし作ってみて「意外に簡単」なことに気づきました。
簡単な理由の一つに「今すぐ食べない」があります。今すぐ食べないということは、「冷めても良い」ということです。夕食を作る場合には、すべての料理が同じようなタイミングで出来上がり、冷めていないことが重要です。(電子レンジでチンしたらいいやんと言えばそれまでですが…。)
1つ1つ丁寧に作って、あとは見栄え良く盛り付けるだけです。インスタグラムやお弁当のレシピを紹介している画像を見て盛り付けましょう!

時間がかからない

作る前は「めっちゃ早く起きて作らな間に合わへんなー」と思っていたのですが、30分もあれば十分作れます。「10分で作るお弁当」というようなレシピ本もあるので十分です。30分早く起きるだけでいいんです。
この仕切りが付いてるフライパンはすごくオススメです。グッズを使用することで、時間短縮することも可能です。

レシピ本がなくても大丈夫

最近はクックパッドなどのレシピを紹介しているサイトが数多く存在しています。
本屋に行き、レシピ本買うのに1時間ぐらい悩んだのですが結局買いませんでした。私がレシピ本を買わない理由は「邪魔」だからです。1人暮らしのキッチンは小さいので、レシピ本があると邪魔です。スマートフォンでレシピを見たり、インスタグラムに投稿されているお弁当の写真を見て作っています。
でもやっぱりレシピ本が欲しい方に、買うか迷ったレシピ本のご紹介です。300種類あれば十分です。

お弁当作りでのあれこれ

良かったこと

・添加物の少ない健康的な昼食を取れる
・毎日好きなものを食べることができる
・楽しみの少ない会社の昼食時間が楽しみになった
・サラリーマンで混雑するコンビニのレジに並ばなくてよい
・コンビニ弁当の約半分の値段で作れるのでかなり節約することができる
・色々な種類の食材を買うことができる(お弁当にも使えるので1人暮らしでも捨てることがない)

悪かったこと

・早起きが苦手な人は朝の時間が減るため辛い
毎朝お米を炊かないといけない(早炊きなら30分なのでおかずを作ってる間に炊けます)
・人に見られることがあるので同じものばかり作れない(少しレパートリーが必要)
・家事が嫌いな方は洗い物が増えるのでストレスになる

お弁当箱選びについて

1段?それとも2段?

お弁当を購入する際に迷うのが、1段にするか2段にするか。私は1段のお弁当箱を購入しました。1段お弁当箱の個人的に感じたメリットとデメリットをご紹介します。
《メリット》
 ・お米とおかずの割合を自由に決めれる
 ・盛り付けのバリエーションが増える
《デメリット》
 ・お米におかずの汁が付くことがある
 ・ビジネスバックに入れるには幅が大きい

2段お弁当箱のメリットデメリットは、1段の逆とお考え下さい。

容量は?

成人男性の場合、800~900mlが目安ということです。
私は約900mlのお弁当箱にしたのですが、十分入りました。
(食べる量は人によるのでなんとも言えないですが)
【参考】
  男子高校生~60代男性:800~900ml
  70代~80代男性:600ml
  女子高校生~60代女性:600~700ml
  70代~80代男性:500ml
 ※あくまで目安なので、実際に見てから購入することをオススメします。

お弁当作りの注意点

・手をしっかり洗ってから作る
・まな板や包丁、お弁当箱はしっかり洗う
・おかずはしっかり加熱する
・おにぎりを作る場合はラップを使用(素手で触らない)
・梅干しやお酢など殺菌効果の高いものを入れる
・水分が多い食材は避ける
・できるだけ他のおかずと触れないように詰める
・よく冷やし、熱を取ってから蓋をする
・保冷バックに入れ、保冷剤を使用する

最後に

お弁当を作るようになり、会社に行く楽しみが1つ増えました。
自分で作っているのでどんなお弁当か分かっているのですが、お昼にお弁当を開ける時は毎回楽しみです。シンプルライフで時間に余裕が持てれば是非作ってみて下さい!